<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
【コレクション】暗い鏡の中に
0
    ブログを書くネタがないので、古書のコレクションをネタをしていこうかなぁと思い立ちました。


    まずは、ヘレン・マクロイの『暗い鏡の中に』(ハヤカワ文庫)です。

    暗い鏡の中に


    昔は割と入手何度が高くて、なかなか読めない本でした。
    ヤフオクで4000円あたりまで競り上がっていたのを何度か見ました。

    かという僕も、そのくらいのお値段で入手しました。


    ……しかし、東京創元社さんから駒月雅子・訳の本が出て、お手軽に読めるようになって希少価値は下がったようです。




    ミステリファンとしてはすごく嬉しいですが、大枚をはたいて入手した身としては少し複雑でした(^^;;

    まぁでも、ハヤカワ文庫版の渡辺明節さんの装幀がとても印象的で、僕は好きです。

    | たんぽぽ | コレクション | comments(2) | - | - | - |

    Comment

    S・フチガミ | 2013/11/02 10:12 AM |
    マクロイは最近になって続々と翻訳が出るようになりましたが、傑作がまだいくつも未紹介のまま残っているように思います。
    個人的には『暗い鏡の中に』は比較的印象の乏しい作品で、マクロイにもさほど関心を持たなかったのですが、『家蠅とカナリア』、“The One That Got Away”、“Alias Basil Willing”などを読んで認識を改めたように思います。もっと紹介してほしいところですね。
    たんぽぽ | 2013/11/02 6:57 PM |
    コメントありがとうございます。

    ホームページを拝見させて戴きました。
    洋書も読まれているようですごいですね!!









    PROFILE
    ENTRY
    SPONSORED LINK


    推理小説
    CATEGORY
    ARCHIVES
    COMMENT
    RECOMMEND
    RANKING
    MOBILE
    qrcode
    LINK
    OTHERS