<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ゲームの名は誘拐
0
    東野圭吾さんの本。

    仕事を下された佐久間という男が、自分を過小評価した葛城という男に
    娘の狂言誘拐というゲームを仕掛ける小説。

    見事身代金を受け取った後、衝撃の展開が待っている…。

    ゲームというテーマ性にふさわしく、
    ゲームをリードしているつもりでも実は裏をかかれていたりする。
    スピーディーに展開して楽しく読めた。



    | たんぽぽ | 読書 | comments(0) | - | - | - |
    乱鴉の島
    0
      有栖川有栖さんの本。

      海老原という詩人とファンたちの集う島に迷い込んだ火村とアリスは
      彼らが何かを隠しているということに気付く。

      そこにやってきた初芝というIT長者。
      彼は藤井という医師に「自分のクローンを作って欲しい」と切り出す。
      島に集まった人間たちもまた、藤井にクローン人間を作ってもらうために
      この島にいるのではないかという疑惑に包まれる。

      そんな中、初芝の家で管理人が撲殺され、初芝は行方不明になる……。



      クローンという未知の技術を取り入れ、
      ユニークな作品に仕上がっている。
      島に集まった人物たちの謎が物語を面白くしている。




      | たんぽぽ | 読書 | comments(0) | - | - | - |
      上高地の切り裂きジャック
      0
        島田荘司さんの本。

        殺された女優の内臓が切り取られるという猟奇事件を扱った表題作と
        封鎖したシェルターから突如死体が現れる『山手の幽霊』の
        2作を収録。


        適当なことを言っているようで実は核心に迫っている
        御手洗潔の言動や推理がなかなか見物。



        | たんぽぽ | 読書 | comments(0) | - | - | - |
        朱色の研究
        0
          有栖川有栖さんの本。

          突如犯人と思われる人物から呼び出されマンションを訪れた火村は
          そこで死体を発見する。
          それは折りしも、現在調査中の周参見の殺人事件の関係者だった。

          事件当夜、マンションを訪れた男の不可思議な行動。
          しかし、嘘をついているにしては、あまりにも犯人らしくない
          複雑な証言をしていた。


          なかなか趣向を凝らしたミステリで読み応え十分だった。
          久しぶりに再読してみておもしろかった。



          | たんぽぽ | 読書 | comments(0) | - | - | - |
          捜査線上のアリア
          0
            森村誠一さんの本。

            『高層の死角』とかもおもしろかったが、
            この本も読み応えがあった。


            売れない作家が、あるビジネスホテルで女性の遺体を発見する。
            その内容を『捜査線上のアリア』という内容で発表したら
            たちまち売れっ子作家の仲間入り。
            しかし、犯人と思われる男の実名を出してしまったがために
            その男が殺されてしまい、事件はふりだしに。


            作家としての内面を描き、小説には含羞が必要と説く。
            なかなかおもしろかった。



            | たんぽぽ | 読書 | comments(0) | - | - | - |
            PROFILE
            ENTRY
            SPONSORED LINK


            推理小説
            CATEGORY
            ARCHIVES
            COMMENT
            RECOMMEND
            RANKING
            MOBILE
            qrcode
            LINK
            OTHERS